MATTARY's HALE

アクセスカウンタ

zoom RSS 自作ヘッドホンケーブルの音比べ

<<   作成日時 : 2017/02/12 05:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今回のネタは、ヘッドホンのケーブルです。

別記事にて上げた、"自作ケースに納めたヘッドホンアンプ"と"グラウンド分離化したヘッドホン"を、自作ケーブルで繋いで遊んでみました。
準備したケーブルは、次の4種です。

1. PCOCC-Aリッツ線 HPC-28-2U (オヤイデ)
2. HPC-26T V2 ヘッドフォン用 102SSC 平行ケーブル (オヤイデ)
3. ACW-003(S-MEVS) PC-Triple C 2芯 (千石)
4. VIABLUE EPC-2 (千石)
※ ( )内は、購入店名
※ OPEアンプ:OPA1622DIP化モジュール(秋月)
※ ヘッドホンは、ATH-R70xにて試聴

リストは、そのまま、私の好きな順番です。


1と2、音の好みでは、ホントに僅差ですねぇ。
解像度、定位感、LowとHighの伸び、音場の広さなど、どれを取っても甲乙付け難いです。
どちらも、音の立ち上がりが早くて、元気な印象。妙なクセも感じません。

1は、2よりも重心が低くて、ゴージャスな印象かな。このLow、しっかり出てるのに締まっていて、かなり好き。
音場は、ほんのり若干、2より広いかも。2よりも、艶というかノリを感じます。
頼りないくらいに細くてXLRコネクタぶら下げるのは酷だけど、取り回しがすんごい楽でありがたい。

2は、一聴で1よりもHighが出てるように感じたのはLowが少ないからで、実はそんなに変わらないと思う。
1よりあっさりした印象。しいて言えば、Lowに、より低い方向の薄いベールのような音を纏ってるような...のような、って何言ってんだか。1よりも、若干、音が近く感じる。
音を作るときは1より2を使うかな。鴨。

3の第一印象は、Lowの音像が太いなというのと、音がまとまってるな、と。
Highは、1、2に比べれば少ないけど充分あるし、あまり刺激的でもない。(って書くと1と2のHighが刺激的なように聞こえるかもですが、そんなこたないです。)
1、2、3の中では、Midがいちばん豊かで、重心は低いけど低音重視というほどではなくて、太いけどボワついてはいない。
定位も掴みやすい。解像度については、例えるなら、フォトショの"境界をぼかす(3pix)"って感じでしょうか。Lowは5pixかな(わからんて)。
ボケてるのではなく、音の境界が解け合ってる感じ。
まとまっていてノリもあり、いちばん聴き疲れしない音。
音源を楽しく聴きたい時は、これを選ぶかも。

えと、4だけ、DH291-A1Rでの試聴です。
最初はATH-R70x用のコネクタを付けたんだけど、動作確認で実聴した時の印象があまり良くなくて、こちらの方が合うだろうと、3.5mm-miniに付け換えちゃったんですよね。
その印象があって期待してなかったんだけど、DH291での第一印象は、"あれ? 悪くないじゃん!"。
音の傾向は3に近いけど、重心が若干高い。DH291の重心がR70xより腰高なので、その影響かも。
音場が狭めで、解像度はフォトショ6pixって感じ。ただ、DH291用に作った1と同じケーブルで聞いても同様の傾向だったので、この辺りもDH291の性格かしらん。
あと、ボーカルが近い。4本の中では、いちばんMidが強いと思います。
聴取中、アコギやピアノの音の綺麗さに「をっ!」って感じることがあった。

headphone-cable_01/02
左:1.HPC-28-2U/PCOCC 右:2.HPC-26T V2/102SSC


headphone-cable_03/04
左:3.ACW-003(S-MEVS) PC-Triple C 右:4.VIABLUE EPC-2
どちらもPET外装チューブで2本をまとめてます



これらは、あくまでも私的興味による"私の環境下"での私感です。さらに、60歳目前の耳です。
どなたかなりと参考になれば幸いに思いますが、そこんところ、ご理解くださいませ。



にょ。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
自作ヘッドホンケーブルの音比べ MATTARY's HALE/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる